Daijyoubu

by Kazumasa Oda

Kazumasa Oda (小田 和正, Oda Kazumasa, born September 20, 1947) is a Japanese singer-songwriter, and composer. He was the leader of folk rock band Off Course from 1969—1989, and has done solo work since 1985. As the vocalist of Off Course, Oda wrote many Japanese standard numbers in the 70s and 80s. The group's most successful singles—"Sayonara" (1979), "Yes-No" (1980), and "Kimi ga Uso o Tsuita" (1984)—were written by Oda. In 1985 he began work as a solo musician. He produced many hit singles as singer-songwriter, such as "Little Tokyo" (1989), "Itsuka Dokokade" (1992), "Tsutaetai Koto ga Arunda" (1997) and "Kirakira" (2002). His most successful single was "Love Story wa Totsuzen ni" (1991), the theme song of a Japanese TV drama called Tokyo Love Story. It sold …




あの笑顔を見せて 僕の大好きな
時を止めてしまう 魔法みたいに
風が流れている 絶え間なく
遠く離れた人たちの
想いを 誰かに
伝えようとしてるんだ

その笑顔は どんな哀しみにも
決して 負けたりはしないから
君の 大切な人にも 風に乗って
きっと 届いてる

自信なくさないで 少し 戻るだけ
君をなくさないで
きっと ダイジョウブ

時は流れている 絶え間なく
出会ってきたことすべてを
思い出に 置き換えて
今を生きるために

明日へつながる あの 広い空へ
高く 高く 心 解き放つんだ
忘れないで 君の その笑顔は
いつだって みんなを
幸せにしている

人生は こうして
続いてゆくんだろう
間違っても 何度 つまずいても
でも 小さな その物語に
答えは ひとつじゃないんだ

その笑顔は どんな哀しみにも
決して 負けたりはしないから
君の 大切な人にも 風に乗って
きっと 届いてる
明日へつながる あの 広い空へ
高く 高く 心 解き放つんだ
忘れないで 君の その笑顔は
いつだって みんなを
幸せにしている

Written by: Kazumasa Oda

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind

© Lyrics.com