White Love

by Speed (Japan)

Year: 1999



果てしないあの雲の彼方へ
私をつれていって
その手を離さないでね

真冬の星座から 舞いおちた白い恋
胸の奥に 降りつもる
心に染みて 涙になる
仲間とは違う
サインで呼び合うたび強くなれる
離れていても いつだってひとつだよね

ウー もっとちゃんと
いつも つかまえていて
電話がない夜は 強がってても
ホントはね I miss you
果てしない 星の光のように
胸いっぱいの愛で
今あなたを包みたい
天使がくれた 出逢いは
あの空を 突きぬけて
永遠に輝き続ける

白いため息で
曇った窓ににじむ
イルミネイション
うれしいほど
明日が不安で 泣けるものね
新しい手帳にも
あなたのイニシャルが沢山ありますように
次の約束が
あるから生きていけるよ

あぁ 雪が溶けて やがて春がくる頃
あなたにとって 木洩れ日のような
やすらぎに なってたい

果てしない 星の生命のように
くじけそうになっても
ずっと愛し続けるよ
儚い 雪みたいに
この今のしあわせが
いつか消えてしまわぬように

愛してる 
抱いていて
果てしない あの雲の彼方へ
私をつれていって
その手を 離さないでね
天使がくれた出逢いは
奇跡なんかじゃないよ
神様 見つめてて
生まれたての愛を
永遠に大切にするから
あなたの為に生きていきたい

Lyrics Licensed & Provided by LyricFind

© Lyrics.com